フリクションボールペンとは?【QCDで分析】

QC検定
双子パパ
双子パパ

こんにちは。双子パパです。
単身赴任して4か月目です。

筆記用具何を使っていますか?

鉛筆を使ってるけど、手が汚れる。
ボールペンを使っているけど、消せない。

そういう人におすすめなのが、
「フリクションボール」
です。

このペンは、
・手が汚れない
・消せる
・書き味が一定
と3拍子揃ったスゴイペンです。

そのあたりを
QCDで分析して
掘り下げて説明します。

なぜフリクションボールはスゴイペンなのか

スゴイを具体的に他のペン

鉛筆・ボールペン

と比較して
分析してみます。

Q:品質(Quality)

・手が汚れない
・消せる
・書き味が一定
の3点の品質特性で分析します。

・手が汚れない
鉛筆だと
書くと黒鉛を紙に移すので、
書いたものを手で触ると
その黒鉛が手につき汚れます。

ボールペンだと
インクが乾かないうちに
触ると手につきます。
安いペンだとインクの量が不安定なので、
大量につく場合があり
その時には手が汚れます。

フリクションボール
ボールペンと同じで、
インクが乾かないうちに
触ると手につきますが、
インクが安定して一定なので、
ボールペンに比べると良いです。

フリクションボール>ボールペン>鉛筆

・消せる

鉛筆は消しゴムがあれば消せます。
消しゴムがないと消せません。
先端に消しゴム付きの鉛筆もありますが、
このタイプは消しにくいです。

ボールペンだと
基本的に消せません。
修正液で上から力づくで上塗りはできますが、
紙との色の違いが出ます。

フリクションボールだと
先端についているゴムで
きれいに消せます。

フリクションボール>鉛筆>ボールペン

・書き味が一定

鉛筆だと
書いているうちに擦り減り、
丸くなってしまいます。
書き味が異なってきます。

ボールペン、フリクションボールは
インクなので書き味は一定です。

フリクションボール=ボールペン>鉛筆

C:価格(Cost)

鉛筆は1本50円程度
ボールペンは1本100円程度
フリクションボールは1本250円程度

鉛筆>ボールペン>フリクションボール

D:デリバリー(Delively)

最近はスーパーでもコンビニでもどこでも売っているので、
すべて同じ評価ですね。

フリクションボール=鉛筆=ボールペン

若干高いけども、品質で抜群のフリクションボールから離れられない

QCDで比較しましたが、

Q;品質の面でフリクションボールが抜群でした。

C:コストの高さを十分にカバーできると思います。

自分は4年前から
フリクションボールを使っています。

周りの人もどんどんフリクションボール率が
高くなってきています。

まだ使ったことが無い人は
一度使ってみて下さい。

コメント