現役開発者が語る 開発部門の組織論

こんにちは。双子パパです。

製品の開発設計者の先駆者のブログ

少ないですよね。

開発者の人種は人に教えるのが得意で無く

「オレの背中(やり方)を見て盗んで自分のものにしろ」

という人が比較的多いです。

自分もその人達に囲まれて仕事を進めていましたが、

その四苦八苦する時間がかなり無駄です。

海外ではそういった時間をできるだけ短縮して

即戦力化し、総動員でしているので、

結局 海外に負けてしまうのですよね。

今回は、そういった無駄な時間をできるだけ無くして、

入って1年で自分の製品が作れる環境を作れるように

書きました。

開発部門の仕事の分類

仕事の分類は7つあります。

①新製品開発

②既存品 品質改善

③既存品 コストダウン

④新規製法研究開発

⑤SO業務

⑥製品問い合わせ対応

①が企業が成長するのに一番大事である。

担当はここに全力を尽くさないといけない

他担当も支援が必要

②は

場合により緊急に迫られる必要があるため

一人担当を置かないといけない

③は

そこまで緊急に迫られることはないので

基本的に②の担当と同じで良い

④も③と同じであるが、

重要度は高い

⑤は②と同じ

⑥はほぼ緊急なので

一人担当が必要

②③④⑤も兼ねても良い

基本的パターン

A 部門長

担当 無

管理 ①②③④⑤⑥

他部門との折衝

B リーダー

担当 ②③④⑤⑥

補佐 ①

C

担当 ①

補佐 ②③④⑤⑥

D

担当 ①

補佐 ②③④⑤⑥

E リーダー

担当 ②③④⑤⑥

補佐 ①

F

担当 ①

補佐 ②③④⑤⑥

G

担当 ①

補佐 ②③④⑤⑥

・・・ 新製品が多ければ、人数を多くしないといけない

コメント