BCGの特訓 ―成長し続ける人材を生む徒弟制

書評
双子パパ
双子パパ

双子パパです。
単身赴任中です。

世界的に有名なコンサルティング会社BCG
ってどんなことをしているのか?
本で読んでみたい

こんな悩みを解決できる記事を用意しました。

BCGの特訓 ―成長し続ける人材を生む徒弟制

木村亮示さんの本です。

世界的に有名なコンサルティング会社
BCG(ボストン コンサルティング グループ)
の社員さんが、自分の会社のノウハウを書いてくれた本です。

なぜ、この本を選んだ?

MBAはグロービスの本から読み始めたのですが、
他の視点から見たいために探していたところ
BCGというものもあることを知り、
読むことにしました

本の中身

本の中身について説明します。

顧客視点

ビジネスという文脈で
顧客にどのように貢献できるように
なっていたいのか

具体的にする

憧れの人が目標では
その人の8がけになってしまう

ビジネスは時間との戦い
限られた情報の中で
自分の意見を持つ努力をする。
その上で
自分として
ここだけ押さえたい
というポイントを
絞り込む。

高速かつ大量に
学びのPDCAを回す

ミーティングの場での家具の必要性

・ブレインストーミング
色々なアイデアを出す為に
遊び心のある家具

・決裁の場
きちんとした結論を出す為に
切り詰めた家具

・報告の場
短時間で多くのことを伝える為に
スリムな家具

・お金を回したり
・情報を回したり
することで
お金を得るより

何かを形を生み出して
お金を得ることを
本業にするのが
自分の生き方

まとめ

MBAを勉強する人に読んでもらいたい本です。
部下上司の関係が書かれているので、
良くしたいと思う人にもおすすめです。。

コメント