QC検定(品質管理検定)3級とは?必要性と難易度、問題傾向を解説【無料】

QC検定

 

悩んでいる人
悩んでいる人

・品質管理の勉強をしたくて、資格をさがしたらQC検定があった。ところでQC検定って何?
・QC検定って1級から4級まであるけど、最初に受けるのは何級?
・会社からQC検定3級を受けるように強制されたけど、そもそもQC検定とは?3級って難しいの?

こういった疑問に答えます。

本記事の内容は
・QC検定3級とは何か?
・難易度は?合格率は?
・勉強方法は?
についてで

そのあたりをQC検定3級と2級を合格した私が記事にしました。
解説していきます。

QC検定3級とは

まずQC検定3級はどんなものかについてお話します。

QC検定とは何か?

QCとはQuolity(品質) Control(管理)の略です。

QC教育という学問になっていて、
品質管理で培った見識を生かして
科学的に良い製品やサービスを生み出すための体系的に学べる学問です。

QC検定とは、この知識を身に付けて
使えるレベルにあるか確認するための検定試験です。

QC検定を取るメリットは?

QCは他の学問と違い 実務より生まれた学問です。
ですから、QCを学ぶと、即戦力として仕事ができると認識されます。

QCとはQuolity Control(品質管理)の略なので
言葉だけ見ると品質管理部門のみの学問かと見間違えてしまいますが、
品質とは、部品だけでなく、人に対するサービスや、WEBプログラムもそれにあたる広い意味です。

例えば
コンビニのレジ打ちのように単純作業だけでは品質向上に当たりません。

ただし、コンビニのレジ打ちしているときに、
お客様にあいさつをしたら、どういった人がどの率で喜ぶか
といったことを調査し、喜ぶ挨拶にかえていくということをすればQC活動に当たります。
科学的に分析して、世の中をより良くしていく活動に当たるからです。

会社は基本的に科学的分析を行い活動していくので、
科学的解析ができるということは、
使える人間として重宝されます。

そういった意味で、あらゆる職業、立場の人たちから求められるものなので、
QC検定に合格していると、就職の際に役立ちます。

QC検定3級の位置づけとは

QC検定は1級/2級/3級/4級の試験があり、
4級が一番簡単で 1級が一番難しいです。

4級はQC関係なく社会人としての基本的常識を問われるもの
3級はどの職種でも必要な科学的分析ができるかどうか問われる試験
2級はやや製造よりのマネージャーが知るべき知識を問われる試験
1級は品質管理部門の専門家の認定をするものです。

3級は、どの分野の人でも身に付けておいたら、
評価される級となります。

QC検定3級の難易度と合格率

それでは、QC検定3級の難易度と合格率がどんなものか
把握していきましょう。

QC検定3級の難易度について

資格難易度ランキング(こちら)では
1400ヶの資格の内
偏差値は38となっており、簡単な部類に入っています。

同じ偏差値38には
珠算検定3級や毛筆書写技能検定 2級があります。

なので、難しく考える必要はなく
しっかり勉強を進めれば合格できる
と考えておけば良いでしょう。

QC検定3級の合格率について

直近5回(第25回~第30回)の検定では50.9%です。
(それぞれの合格率はこちら)

この率を見て、「半分しか合格しないのか?難しくないの?」と思ってしまいますが、

受験者の中には
学校や会社で強制的に申し込みをされて、
全く勉強をしないまま受けている人もいます。

もちろんそれらの人をカウントしないとすると
結構合格率の高いかと思います。

QC検定3級の問題とは

QC検定3級の問題の傾向を把握しましょう

QC検定3級の問題の出方

QC検定3級の試験ではマークシート方式です。
○×問題 や 選択肢から答えの番号を選択していきます。

文章を書くことは無いので安心してください

試験範囲は?

品質管理の実践と品質管理の手法の分野があります。

品質管理の実践とは

いわゆる文章問題です。
QCの文言等を聞かれます

品質管理の手法とは

いわゆる計算問題です。
統計学が入ってきます。

QC検定3級の勉強方法は

QC検定3級の勉強方法をお伝えします。

PDCAで勉強しましょう

PDCAが分からないかたはこちら
(P)計画を立てて、
(D)過去問で、自分がどれくらい点数が取れるか確認して
(C)参考書で足りない分野を勉強して
(A)もう一度サイクルを回す
です。
PDCAのサイクルを何度も繰り返す
(QC用語でPDCAを回すといいます)
ことで、合格への道が近づいてきます。

具体的な例

私自身の具体的に勉強した例を
載せています(こちら→【独学】QC検定3級 合格までの勉強方法)

まとめ

QC検定とは何か?から3級の対象・レベル・合格率
試験内容と勉強方法について書きました。

どんな職種でも求められる科学的分析ができることを
客観的に証明資格として重要なものだと理解できると思います。

相手(過去問)を知って、それに対して進めていく(勉強する)

こういった方法で合格を勝ち取りましょう。

コメント