単身赴任手当の相場は4.6万円【自分の手当と比較します】

単身赴任

 

双子パパ
双子パパ

こんにちは。双子パパです。

単身赴任して3か月です。
生活も大分慣れてきました。

 

・単身赴任で実際にどれくらい手当もらえるの?
・全国的にどれくらいもらっているの?
・業種によって違うの?

単身赴任で気になる点の一つである
単身赴任手当の相場と
自分自身の実際の手当を比較してみます。

本文にも書きますが、
政府資料の全国相場は当てになりません。

そこで自分の金額をその下に入れていますので、
参考にしてください。

政府の調査した相場は46,065円

厚生労働省の調査資料ではこのようになっています。

業種別では 上位から
①電気・ガス・熱供給・水道業  78,394円
②不動産業・物品賃貸業     58,227円
③情報通信業          50,811円
④金融・保険業   48,113円
⑤卸売業・小売業  47,980円
⑥製造業   47,308円
⑦建設業            41,669円
⑧運輸業・郵便業        39,705円
⑨教育・学習支援業       38,874円
⑩学術研究,専門・技術サービス業 36,911円
⑪宿泊業・飲食サービス業 34,595円
⑫生活関連サービス業,娯楽業  33,478円
⑬医療・福祉 33,252円

相場が46,065円

出展:平成 27 年就労条件総合調査の概況より
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/jikan/syurou/15/dl/gaikyou.pdf

家賃・食費・光熱費・帰省費用を含めると
どうしてもこの金額では生活できないかと思います。

この数字はあまり参考になりませんね。

次に自分の実際の金額書いてみます。

自分の場合はすべて込みで139,000円です。

別居住宅手当 65,000円
別居生活手当 50,000円
帰省手当   24,000円(月2回帰れます)

自分の会社は全国展開している会社なので、
手当に関しては妥当性がある金額かと思います。

別居住宅手当 65,000円

いま自分は地方にいるので、
地方であればこれぐらいあれば程よいアパートに住める金額かと思います。

自分は家族で入っていたアパートをそのまま借りているので、
76,200円です。
持ち出ししています。

別居生活手当 50,000円

食費・光熱費がこの手当に充てられます。

現在の自分の食費が、12,500円
1日500円で25日/月の計算
もちろん贅沢はしていません。

光熱費
電気代 10,000円
ガス代  6,000円
水道代  5,000円
合計  21,000円

生活手当で住居費の持ち出しをカバーしている形です。

帰省手当   24,000円

月2回帰れるのでこの金額です。

まとめ

政府資料だと、
相場は46,065円ですが、
自分の手当と実際の金額を考えると
この金額は妥当性に欠けます。
何か要素が入っていないのでしょうか?

その代わりに自分の実際の金額を書いてみました。

もし、
「来月から単身赴任!」
と言われた場合は、
この金額も参考にして、
会社に確認しましょう。

もし、会社が政府資料も持ち出してきても
不利な条件にならないように、
交渉できるように
この文章が参考になることを祈っています。

コメント