単身赴任者の帰省はどれくらいの頻度?手当と費用も【私の実例付】

単身赴任

・単身赴任の帰省はどれくらいの頻度でしている?
・単身赴任の帰省費用ってどれくらい?
・単身赴任の帰省手当ってどれくらい出る?

こういった疑問にお答えします。

結論から言うと、
自分と家族のことを考えて、最適な回数で帰省しましょう
です。
そのあたりをどうやって考えるかを詳しく説明します。

本記事では
・単身赴任で帰省する頻度のおすすめ
・単身赴任 帰省手当と費用の関係
・私の帰省手段・回数と費用

をお伝えします。

実際に現在単身赴任している私ですが、
単身赴任しても自分も家族も幸せに過ごしている理由を
含めてお伝えします。

単身赴任で帰省する頻度のおすすめ

単身赴任で帰省する頻度について

帰省するのにしても長距離移動をします。
移動は疲労がたまる場合もありますので、
そのあたりを考慮して頻度を決めた方が良いです。

疲労によって、仕事の効率が落ちたり、
体を壊したりすると意味がありませんからね。

疲労具合は以下の要因で変わります。
以下の内容
・移動距離
・移動手段
・回数

移動距離

まずは移動距離ですね。
おおよそ200km以上離れていることが、
単身赴任の条件かと思います。

もちろん遠ければ遠いほど疲労具合は変わってきます。
これはどうしようもないので、できるだけ近い距離になるのを
望むのみです。

移動手段

移動手段です。

移動距離や地理的要因で変動しますが、
この手段が一番疲労度に影響します。

・電車(特急電車・新幹線)
・車
・飛行機
・高速バス
(・フェリー)

とありますが、疲労度の順番で言うと
新幹線<特急電車<飛行機<高速バス<車
です。

もちろん人により異なりますので、
自分の適性に合わせて考えると良いでしょう。

私のおすすめは
新幹線です。
揺れも少ないし、ある程度脚も伸ばせる
乗車中は寝れますからね。

帰省回数

回数は
会社から出る帰省手当と家族構成により変わってきます。

会社から出る帰省手当が多いと、その分お金を気にせずに帰れます。

家族については
子供が幼稚園以下だと 妻への負荷も考えて
できるだけ毎週帰る方が良いでしょう。

子供が小学生・中学生だと、妻の育児の負荷は減りますが、
このころはまだ親が必要ですので、月2回~3回がおすすめです。

子供が高校生になると、
大分親の必要度は減っていきますので、月1回~2回で良いでしょう。
もう既に子供の世界が出来上がっているので、
逆にいない方がいいかもしれません。
子供が困ったときにアドバイスできるぐらいの距離感で良いと思います。

単身赴任 帰省手当と費用の関係

単身赴任の帰省手当は会社によって変わります。

一般的には月2回ですが、
会社の規模や考え方によって変わってきます。

申請額そのまま出てくるところもあれば、
領収書を提出して実費のところもあります。
それは会社それぞれです。

費用よりは、
・自分の疲労度
・家族の自分の必要性
を考えて、帰省回数を選ぶことをおすすめします。

私の帰省手段・回数と費用

私も現在単身赴任しています。
家が京都で、単身赴任先が東京です。
約500kmです。

帰省手段は、新幹線ですので、
疲労度はかなり抑えられています。
揺れは少ないし、寝れますし。

帰省手当は、
子供が中学生までは月2回です。
高校生になれば月1回になりますが、
当分は月2回の手当が出ます。

帰省回数は、
月3回にしています。
移動手段が新幹線で、乗車時間が2時間。

遠距離通勤を毎日2時間往復している人に比べると
かなり疲労度は低いので、
できるだけ帰るようにしています。

まとめ

本記事では
・単身赴任で帰省する頻度のおすすめ
・単身赴任 帰省手当と費用の関係
・私の帰省手段・回数と費用
についてお伝えしました。

もう少し単身赴任について
調査したい人はこちらをどうぞ

失敗しない単身赴任マニュアル100

コメント