単身赴任中の喧嘩【どうしたら仲直りできる】

単身赴任

単身赴任先で妻と喧嘩してしまいました。
それ以降音信不通です。
どうしたら仲直りできますか?

単身赴任では、
お互いの顔が見えないので行き違いも多くなって
喧嘩になるケースがあります。

一緒にいれば解決できることも、
単身赴任の場合そう簡単にはいきません。

そこで、本記事では
単身赴任における喧嘩の例を紹介します。
喧嘩の例を事前に知っておけば、
いざ妻と喧嘩になった際も上手に対処できる可能性が高くなるはずです。

単身赴任の喧嘩

単身赴任中の喧嘩がどのようなものがあるか紹介します。

・寂しさが募ってストレスに感じているとき
・相手との会話に温度差を感じてしまったとき
・LINEの返事が遅いなど連絡頻度が合わないとき
・約束事が守られなかったとき
・記念日やイベントごとに対する価値観がすれ違ったとき

同居であれば、
顔を合わせればすぐに仲直りできることも、
単身赴任時に気軽に帰ることは至難の技。

些細な喧嘩がキッカケで物理的にも精神的にも距離が離れ、
最悪離婚になってしまうパターンもあります。

寂しさが募ってストレスに感じているとき

単身赴任の場合、
中々会えないことに関してストレスを感じてしまう方は少なくありません。
その為、あまりの寂しさからストレスが溜まって
相手に当たってしまうこともしばしば。

「どうして私はこんなに寂しいのに彼は平気そうなんだろう」
「私ばっかり寂しくて辛い。こんなんなら別れたい」

このように思われて、
つい寂しさから喧嘩に発展するケースもあります。

ただ、相手がどう思っているのかは相手にしか分かりません。
自分の感情や想いを素直に伝えて、
現状に関してどう思っているのかよく話し合ってみるのも1つの方法です。

相手との会話に温度差を感じてしまったとき

「私は辛いことがあったのに彼は楽しそうで羨ましい」
「遠距離に関しての考え方が違って寂しい気持ちになっている」

会話に温度差を感じてしまい、
遠い存在になってしまったと感じ
喧嘩に発展するのも”あるあるの1つです。

ただ、自分が家の暮らしが見えないのと同じで、
妻からも単身赴任先の生活は見えづらいものになっています。
すぐに会える距離ではないからこそ、
相手と十分な会話をして理解し合おうと努力するのはとても大切です。

LINEの返事が遅いなど連絡頻度が合わないとき

単身赴任の場合、
お互い仕事をしているため、連絡の頻度が合わない時がよくあります。

「連絡を取りたいのに、彼から連絡がこない」
「こちらからばかり連絡を取る関係が苦しい」

こうしたジレンマは、
同居していればこういうことは少ないのですが
直ぐに帰れない単身赴任では、
激しい喧嘩に発展してしまいがちです。

単身赴任中の喧嘩の理由の多くは「連絡頻度の違い」が原因でした。
ラインの返事が極端に少なかったので、
電話にでてくれたときも積もった不満や不安を彼にぶつけてしまうことが多くなる日々。ある日
「電話をするとマイナスな話ばかりで、電話に出たくない」
とも言われがちです。

そこで、
「毎日に一度電話をしよう」という約束を提案。
それからというものお互いにとって辛くない距離感を保つことができるように。

連絡の頻度が合わない場合でも、
相手の気持ちや性格を無視したアクションは嫌がられてしまいます。
お互いにとって無理のない歩み寄りが、大切です。

約束ごとが守られなかったとき

単身赴任において
「電話をすること」や「次に帰ること」は単なる作業ではなく、
日常において頑張る活力を与えてくれるものです。

さまざまな事情でそんな約束が守られなかった際、
ガッカリとした気持ちになり相手に当たってしまうことも。
どうしようもない事情でも、つい感情的になって責めてしまう場合もあります。

ただ、単身赴任にとってイレギュラーがつきもの。
そういった事が起こった時も、
自分の感情をコントロールし、相手の感情を理解しようと努力することも大切なのです。
代わりの次回の約束を早めに設定する等、また前向きになれる予定を立てていきましょう。

記念日やイベントごとに対する価値観がすれ違ったとき

単身赴任だと、
仕事の休みが合わなかったり日々忙しかったりして帰る日程が限られてしまうことから、自然と記念日やイベントに対する意識が薄くなってしまいます。
そのため、
記念日やイベントごとに対する温度差を感じてしまった時に
喧嘩に発展してしまうことケースもしばしば。

記念日やイベントごとに対する考えを理解した上で
それらを大切にしたいという自分の想いを伝えていくことが大切です。

単身赴任中の喧嘩を防ぐための対処法

単身赴任中の喧嘩を防ぐための対処法を紹介します。

・自分の価値観を押し付けない、相手の価値観を受け入れる
・カレンダーアプリを活用する
・近くにいるときよりも思いやりを大切にする

自分の価値観を押し付けない、相手の価値観を受け入れる

育った環境や周りの人間関係がまったく違う者同士が付き合い、
濃密な時間を過ごすなかで価値観の違いが出てくるのは当然のこと。
長く付き合っていくなら、
お互いの価値観の違いをどれだけ理解し許していけるかが大切です。

現状自分が相手のことをどれくらい受け入れる事ができているのか、
価値観を押し付けすぎていないかという点を見つめ直してください。

カレンダーアプリを活用する

記念日やイベントごとを大切にしている女性の場合、
彼氏が二人の大切な記念日を忘れてしまっていると悲しい気持ちになり、
喧嘩に発展するケースがあります。
そんな時、おすすめなのが「スケジュールを共有できるアプリを使用すること」です。

記念日を登録しておけば、
記念日を忘れることなく確認できます。
スケジュール機能を活用して互いの予定を登録すれば、
次回の会う約束もスムーズに行うことが可能です。

単身赴任の場合、
相手の生活が見えないため不安・心配になる方もいますが、
スケジュールを共有すれば不安解消にも繋がります。

この間も妻から
「今日は〇〇さんの送別会?飲みすぎに注意」
というラインがきて
なんだか安心しました。

近くにいるときよりも思いやりを大切にする

単身赴任は、
相手が近くにいないことから相手に対する想いやりが必要不可欠です。

思いやりが欠けてしまうと、
「私ばっかり」「何で私が?」「どうして私のことを理解してくれないの?」
とまるで自分が悲劇のヒロインのようになってしまうもの。

自分本意にならずに、
相手の気持ちや予定・体調・金銭面など全てにおいて協力し合い、
寄り添う姿勢が大切です。

単身赴任では、
不安定な気持ちになって思いやりを忘れてしまうこともありますが、
遠距離こそ相手に対する思いやりがとても必要です。

まとめ

本記事では、
単身赴任における喧嘩”あるある”を徹底紹介しました。
距離が離れている分、すれ違いが増えてしまうのはある意味自然なこと。

単身赴任ではあるものの、
心の距離までは離れないようにより密な関係を築いていくことが大切です。

単身赴任中の喧嘩は長引かせてしまうとマイナス思考になってしまい、
日常生活にも影響してしまいます。

ここであげた対処法で
うまく単身赴任生活を楽しんで下さい。

コメント