【小学生でも行ける】ジップライン 関西 おすすめ5選(フォレストアドベンチャーほか)

双子子育て
双子パパ
双子パパ

こんにちは。双子パパです。
小学2年生の双子のパパしています。

悩んでいる人
悩んでいる人

ジップライン楽しそうだけど、
小学生と一緒でもいけるのかな?

もちろん小学生でも行けるところ多いです。

実際に行ったことのある場所で
安心できるところ
紹介します。

まずジップラインを楽しむために準備すること

ジップラインを楽しむにも準備が必要です。

服装から持ち物までご説明します。

服装・持ち物

林の中や高い所での活動なので、
汚れてもよくて、動きやすく、服装にしましょう。

袖がひらひらしているような服は
ロープや木に引っかかるのでやめましょう。

ロッカーも無いところがあるので、
貴重品は自分で持っておく必要があります。

必要なもの

・運動靴(ヒール・サンダル・クロックスなどは基本的に不可です)
・ズボン(短パンも行けましたが、膝丈くらいはあったほうがいいです)
・Tシャツ(上着はあまり制限はありませんが、ひらひらしないように)

あった方が良いもの

・ウエストポーチや小さなリュック(貴重品を入れるもの)
たまにそれもだめなところもあります

・軍手
自然の木やロープを持つので、軍手があった方が手が痛くなくて良いです。

・飲み物
運動するので汗をかきます。
たまに冷や汗も・・・
なので、飲み物があった方が熱中症にならなくていいです。
妻も一度なってしまいました。

ジップライン使用時の注意事項

ジップラインをするためにハーネス装着をしますので、
装着後はトイレへ行けないことが多いです。
先に行っておきましょう。

ジップラインおすすめ5選

フォレストアドベンチャー 栗東(滋賀県栗東市)

滋賀県の栗東市にあります。
名神高速道路の栗東ICから車で15分程です。
名神から近いですが、森の中にあります。

比較的新しいので、

冒険の森 のせ(大阪府豊能郡能勢町)

大阪と兵庫の県境にあります。
新名神高速道路の**ICから車で30分程。
高速道路から若干遠いですので、
時間に余裕を持って行ってください。

大人用と子供用があり、
小学生2年生がいる我が家は子供用だけでした。

ただし、子供用でも、難易度は5選の中でもトップクラスにあり、
大人でも縄に頼らないといけない箇所もあり、
大人でも楽しめます。

冒険の森 おうじ(奈良県北葛城郡王寺町)

奈良県にあります。
阪和自動車道の**ICから15分程でつきます。
住宅街の中にぽつんと山があり、
その山の中にあります。

コンビニ等も近くにあるので、
小学生より小さいお子様がいでも
急な対応がしやすいです。

ここのみどころは、
最後のジップライン。

大きな池の端から端まで
長い距離をロープ一本で進みます。

爽快になりますよ。

びわ湖バレイ(滋賀県大津市)

滋賀県の大津にあります。

有料道路ではありませんが、自動車専用道路の湖西道路の
**ICより15分程。

そこで車を置いて、
ロープウェイに乗り、
山の頂上まで行きます。

その山の中でジップラインをします。

眼下に琵琶湖が見えて、
景色がすごくよかったです。

ただし、料金がロープウェイ分だけ余分にかかるので、
注意です。

滋賀農業公園ブルーメの丘 Alps Gym(アルプスジム)(滋賀県蒲生郡日野町)

滋賀県の湖南市にあります。
名神高速道路の**ICより
30分程です。
若干下道が長いのが気になるところです。

ここは森の中ではなく、
平地にポールを立ててしています。

森でないので、虫が苦手な方でも大丈夫です。

子供が幼稚園の子でも、コースがあるので、
年が離れている兄弟がいても、
どちらも楽しめるところです。

まとめ

実際に行ったことのある
ジップラインを紹介しました。

どこも安心して遊べます。

ただし、予約はしておきましょう。

コメント