単身赴任で挨拶必要?【部屋の大きさ・地域により変わります】

単身赴任

単身赴任でも、引っ越ししたらご近所に挨拶に行く方がいい?
引っ越し挨拶品はどんな物を準備したらいいの?

初めて単身赴任だと
世間では引っ越しの挨拶をどのようにするものなのか、
わからないことが多いですよね。

ここでは、単身赴任で引っ越した時に、
ご近所に引っ越し挨拶をする方がよいのかどうか、
また、挨拶品はどんな物を準備するのかについてお伝えします。

これを書いている私は
単身赴任を2回しており、
地方と首都圏の両方の単身赴任を
体験しております。

引っ越し挨拶の目的

まずは引越挨拶の目的についてですが、

一般的には以下のことが言われています。

町内会や清掃などで地域住民が顔を合わせる機会も多いため、
事前に挨拶をしておいたほうが安心かもしれません。
加えて、挨拶回りは近所の家族構成や住民の雰囲気を把握するチャンスでもあります。
お互いを知ることで避けられるトラブルもあるため、挨拶回りで顔を合わせておくことは重要なのです。

しかし、単身赴任の場合は、
一人暮らしのワンルームマンションが多いので
そこまで家族構成や住民の雰囲気を知る必要はありません。

単身赴任では引っ越し挨拶をしなくていい場合

単身赴任で引っ越しする場合は、最近では引っ越し挨拶をしないことが増えています。

それは、次のような二つの理由があるからです。

・引っ越し挨拶などお互い干渉することは好まれない
・引っ越し挨拶をに行っても十人に合えないことが多い

私の経験をお話しすると、
単身赴任の際にワンルームマンションを借りる時に、
「引っ越しの挨拶はした方が良いですか?」
と聞いたところ、

「しない方が多いです」
とアパート賃貸管理会社言われました。

学生向けマンションや出入りが激しい単身者用マンションでは、お互いにあまり干渉しないのだそうです。

もちろん地域によっては違うこともありますが、これから住む町では一般的に引っ越しの挨拶をするのかどうか、部屋を借りる時にアパート賃貸管理会社に聞いてみる方が良いです。

誰しも引っ越し先で気持ちよく生活をスタートさせたいもの。

自分が住むマンションやアパートでは、これまでの住人は引っ越しの挨拶をしていたかどうか不動産屋で教えてもらっておくと心配事が一つ減りますよ。

同じ建物に住む人は、それぞれ仕事で忙しくして、せっかく引っ越しの挨拶に行っても留守でなかなか会えないこともあります。

特に、長期出張や実家に帰っているときもあるので、部屋を長期間留守にしているかもしれません。

隣に住んでいた人が部屋を引き払って、空室になっている場合もありますし。

単身赴任では住人が短期間で入れ替わるので、
隣の人に会わないままになってしまうのも普通の事のようです。

引っ越しの挨拶品を準備しても渡せないなら残念ですし、
その町の事情に詳しい不動産屋でいろいろと教えてもらうのが一番安心できますよ!

単身赴任では引っ越し挨拶をしない方がいい理由

単身赴任では、引っ越し挨拶にわざわざ行かない方が良いという意見もあります。

親の世代の考えでは、
引っ越したらせめて両隣の部屋だけでも挨拶に行っておく方が安心できると思うかもしれませんね。

特に女の方の場合は、
防犯上の面からも女性が一人で住んでいると周りに知らせない方が良いかもしれませんね。

また、せっかく引っ越し挨拶に行っても、居留守を使われてしまうこともあります。

これは、部屋の住人が防犯を考えて、
インターホンが鳴っても簡単にはドアを開けないように気を付けているためです。

物騒な事件をニュースで耳にすることもあるので、
たとえ部屋の中にいたとしてもドアを開けないようにしている人は多いですよ。

廊下やエレベーターなどで他の住人と顔を合わせた時に、
ちゃんと挨拶するだけでも良いかもしれませんね。

単身赴任でも引っ越し挨拶をした方がいいとき

単身赴任でも、引っ越したらご近所に挨拶に行った方が良いという考えもあります。

大学生であっても、引っ越したらこれから住む部屋の上下左右の部屋にきちんと引っ越し挨拶をして住み始めた方が、気持ちよく暮らせるからです。

一人暮らしで住む間には、同じ建物に住む人にどんなことで迷惑をかけるかわかりません。

また、最近では大きい災害が増えているので、ちゃんと引っ越し挨拶をしてご近所に住んでいる人と顔見知りになっておくと何かあった時に安心できますよね。

単身赴任で引っ越し挨拶をするならどんな品を持って行く?

引っ越し挨拶をすると決めたらどんな品を持って行くか悩みますよね。

ご近所に挨拶をするなら、
挨拶する時に渡す品物は食べ物よりも消耗品を選ぶほうが良いです。

ファミリー向けのマンションと違って、
単身者向けの物件では住人が部屋にいないことが多いので、
渡せるまでに時間がかかってしまうことが多いです。

また、反対に単身赴任中に挨拶されることを考えると
引っ越し挨拶で食べる物をもらっても、
部屋の中に置いたままにして忘れてしまうこともあります。

しばらくしてもらった物を思い出した時には、
賞味期限が切れていることもあり得ます。

しばらく置いたままにしても大丈夫な物で、
誰でも使える物を挨拶品に選ぶといいですね。

ラップやスポンジなどはコンパクトで軽いので、
引っ越しの挨拶品に良いと思いますよ。

洗剤などを引っ越しの挨拶にもらったことがあるのですが、
いつも使っているメーカーの物しか使わない人もいるので、
避けた方がいいかもしれないですね。

単身赴任で必要なものを
以下のサイトで紹介しています。
こちらも参照ください。
https://continuedstudy.com/tanshin-hissu

まとめ

単身赴任時の引っ越しの挨拶については、いろいろな考え方があります。

・お互いに干渉されるのを好まないので引っ越し挨拶はしなくていい
・引っ越し挨拶に行っても住人に会えないことが多い
・最近は簡単にドアを開けない人が多いので、挨拶に行っても会えない
・引っ越し挨拶をして一人で住んでいることをわざわざ知らせない方がいい
・どんな事で迷惑をかけるかわからないから引っ越し挨拶は必要
それぞれの考え方には理由があっての事なので、どれが正しいと簡単には決められません。

ただし、引っ越す地域によっても違ってくると思うので、
他の人は引っ越し挨拶をどうしているか、
部屋を借りる時に不動産屋でいろいろ教えてもらうといいですよ。

単身赴任での生活を始めるからには、
そのためにも引っ越しを気持ちよく済ませたいですね!

コメント