【必須】QC検定の持ち物チェックシート

QC検定

試験日前日に確認!
持ち物チェックシート!

試験内容で頭がいっぱいの中
持ち物まで気にしたくないですよね。

試験日当日に、試験会場に持っていくべきものをまとめました。

受験票や筆記用具など「受験票に書いている必要なもの」から、
ひざ掛けなどの「あったら便利なもの」までもれなく網羅しましたので、
試験日前日までにご確認ください。

受検票に書いている必要物

受検票

試験実施1ヶ月前ぐらいに届きます。

1ヶ月前だと無くしてしまう人もいるかと思います。

受験票を忘れてしまった場合は、
試験開始前までに再発行の手続きをすれば
大丈夫です。

「試験開始前の貴重な時間」を再発行の手続きを
することで無駄にすることになります。
忘れないようにしましょう。

あとは写真です。
これは貼り付けるのを忘れがちです。

万が一のことを考えて「試験会場」と「受験番号」をメモ用紙などに控えておいて、
財布や電卓ケースに入れておくことをおすすめします。

電卓(関数電卓不可)

受検票には以下のように書いています。

ルート付の一般電卓1台(1級~3級に限る)

関数電卓やそれに類する機能(通信を含む)を持った電卓は使用不可
4級は電卓の持ち込み不可

※関数電卓の違いはQC検定センターのwebページで以下のように書いています。

一般的に、通常の電卓の機能(四則計算や百分率、ルートの計算ができるもの)に加えて、三角関数や指数関数、対数関数等の数学関数の計算機能、あるいは任意の数式、数値を入力・記憶できるような高い、多くの機能を持った電卓のことです。
このような関数電卓やそれに類する機能を持った電卓のご使用はできません。

あとは、試験会場にはメインの電卓だけでなく予備の電卓(安いもので十分です)を忘れずに持っていきましょう。
受験時に電卓が壊れる可能性はかなり低いですが、お守り代わりに持っておくと安心です。

筆記用具(替え芯を忘れずに!)

受験時に使える筆記用具は
「HBかBのえんぴつ」「シャープペンシル」「消しゴム」の3つだけです。
ボールペン・ラインマーカー・色鉛筆・定規などは使えませんので、
試験会場に持っていく必要はありません。

シャープペンシルは2本以上、消しゴムは2個以上持っていくと安心です。
なお、シャープペンシルを使う方は替え芯を忘れないように気をつけましょう。

腕時計

壁掛け時計が設置されていない試験会場もあります。
(※自分も前回の試験ではありませんでした)
携帯電話を時計代わりに使うことはできないので、
腕時計を忘れずに持って行きましょう。

あったら便利なもの

身分証明書

身分証明書は受検票の再発行時に必要です。

運転免許証・パスポート・社員証・学生証・住民基本台帳カードなど、
第三者機関が発行した氏名・生年月日・顔写真の3点が確認できるものに限られます。

教材

試験前にいろんな教材に目を通しても「こんな論点もあったんだ…やばい」と不安になるだけなので、
手持ちの教材の中から1冊だけ選んで持って行きましょう。
まとめノートがあれば、その1冊だけでOKです。

ひざ掛け&羽織るもの

QC検定は3月と9月にあります。
3月だと寒い場合があり、9月だとエアコンが効きすぎるところもあるかもしれません。
試験会場は寒いことが多いので、
冷え性の方はひざ掛けや羽織るものを用意しておきましょう。
なお、指先の冷え対策には携帯カイロが効果的です。

その他

QC検定は日曜日に行われます。
バスや電車などの公共交通機関は、休日ダイヤになるのでご注意ください。
試験前日までに試験会場までのルートを確認しておきましょう。

まとめ

QC検定当日に必要なものをまとめました。

特に忘れやすいのが、
・受験票の写真
・時計
です。

前回(2019年9月)の試験で
自分も「時計」を忘れました。
同じ試験会場の人は「写真」を忘れていました。

必要なものは紙に書いてチェックして
忘れないようにしましょう。

万全の体制でQC検定に望みましょう!

コメント