技術士の難易度・偏差値は?【技術者20年の私が説明します】

技術士

技術士という資格って難しいのかな?
偏差値はどの程度だろう

こういった疑問にお答えします。

工学系だと勉強や仕事にしていても
1級建築士のように
客観的に資格で説明するものがあまりありません。

その中で数少ない資格が
技術士です。

本記事は

・技術士とは何か?
・技術士の難易度は?合格率は?
・試験を合格する勉強方法は?
について書きました。

こういった内容を
技術系の会社に勤めている私が
記事にしました。

最後まで読み進めれば、
最短距離で合格に近づけるように
書いております。

最後までご覧ください。

技術士とは
まず技術士はどんなものかについてお話します。

技術士とは何か?

技術士とは

工学系の技術者の技術力を
公(おおやけ)に認定する試験制度です。

国家資格です。

技術士法というものがあり、
日本技術士会による試験です。

一般的には有名ではありませんが、
技術系の会社では有名な資格です。

技術士の出題範囲は?

出題範囲は3つ科目があります。

・基礎科目
・適性科目
・専門科目

基礎科目

技術の基礎知識に関して聞かれる科目です。
その中で5分野にわかれています。
・設計・計画(設計理論・品質管理等)
・情報・論理(アルゴリズム等)
・解析(力学計算等)
・化学・バイオ(材料等)
・環境・技術史

技術者としてはどの分野の人でも最低限知っておかないといけない内容が
問われる科目です。

広く・浅く

が主体の科目です。

適正科目

技術者として、考え方を聞かれる科目です。

技術士法第4章から出題されます。

専門科目

工学系各学科に対する専門の知識が問われる科目です。

この科目は事前に20部門から選択します。

代表的なものとしては
・機械部門
・電気電子部門
・化学部門
・建設部門
です。
これら部門から派生して20部門になっています。

専門的なことが問われ、
難易度としては、

大学専門分野レベルです。

技術士の種類

技術士は
1次試験・2次試験とあり、
1次試験が受かったら、2次試験に進むといった形です。

2次試験に合格したら
技術士
と言えるようになります。

難易度の目安としては

1次試験は大学卒業レベルです。

2次試験は会社で専門分野での管理職レベルです。

技術士の難易度と合格率

技術士の難易度と合格率について
どんなものか把握していきましょう。

技術士の難易度について

資格難易度ランキング
(https://shikaku-fan.net/rank2.php)では
1400個の資格の内

1次試験は偏差値70
2次試験は偏差値60

となっており、難解な部類に入っています。

さずが国家資格というだけありますね。

他の資格との関連ですが、

機械設計者であれば、
民間資格で機械設計技術者があります。

先ほどと同じように
資格難易度ランキング
(https://shikaku-fan.net/rank2.php)では
機械設計技術者1級は偏差値64
機械設計技術者2級は偏差値61
機械設計技術者2級は偏差値56

となります。

ランキングを付けると
1位:技術士2次試験   (偏差値70)
2位:機械設計技術者1級(偏差値64)
3位:機械設計技術者2級(偏差値61)
4位:技術士1次試験   (偏差値60)
5位:機械設計技術者3級(偏差値56)

といった順番になります。

私から見た難易度

機械設計業務20年従事している私から見た難易度にですが、

私自身は大学4年で機械工学科にて学び、
その後企業にて17年 設計分野で働いています。

3位の機械設計技術者2級を
30歳のときに取得しています。
(2回目受験)

35歳から2回ほど4位の技術士1次試験の試験
を受けて不合格でした。

私の経験からいうと、
技術士補がまだ合格していないので、
こちらの方が難しいと感じます。

機械設計技術者の試験と違って
技術士補は機械設計分野以外に
科学知識全般の知識も必要なので、
その部分が足りないかもしれませんが。。。

技術士の合格率

技術士の合格率について
見ていきましょう

直近5回(2016年~2020年)の試験の合格率です。

1次試験:46%
(2016年から順に50%,48%,40%,50%,42%)

2次試験:12%
(2016年から順に15%,13%,9%,12%,12%)

やはり難易度の高い2次試験の壁は高いですね。

1次試験を合格しないと2次試験に進めないので、
それでも合格率が10%台ということは
本当に難しいといういうことです。

まとめ

技術士の難易度と偏差値について書きました。

技術士は
技術者としての実力を客観的に証明できる
資格として確立されている試験です。

技術者としては、
取っておくべき資格です。

コメント