防衛大学校受験は本番の入試に向けて最高のリハーサルです【私は合格後入学辞退しました】

仕事の流儀

・学校から防衛大学校受けないかと聞かれたけど、入試内容ってどんなの?
・防衛大学校の入試の流れは?
・もし合格したら行かないといけない?

こういった疑問にお答えします。

結論から言うと、
防衛大学校に合格しても、入学ぎりぎりまで辞退は可能です。

本記事では
・防衛大学校 入試時期 難易度
・防衛大学校 入試内容
・防衛大学校がリハーサルに最適な理由
・私が防衛大学校を受験して入学辞退した体験談
をお伝えします。

これを書いている私は
高校3年のときに友人から誘われて防衛大学校を受験。
それまでは全く自衛隊には興味がありませんでした。
見事に1次試験、2次試験を合格。
防衛大学校入学のために行く新幹線の切符を取るところまでは進めていました、
本命の国立大学の補欠で合格の知らせを受け、入学を辞退しました。

防衛大学校 入試時期 申し込み方法

防衛大学校の入試時期は 2020年の例だと
1次:令和2年11月7日(土)・8日(日)
2次:令和2年12月8日(火)から12日(土)までの間の指定された日
です。
他にも推薦試験がありますが、それ以前になります。

高校の授業もありますので、1次試験は土曜と日曜にあります。

志願書類は学校に置いてあったり、なければ各都道府県の自衛隊の事務所に取りに行きます。
提出も同様です。

防衛大学校 入試内容 難易度

入試内容です。

1次試験では、
(文系)英語・国語・数学or社会(日本史or世界史)
(理系)英語・数学・理科(物理or化学)
特に防衛大学校特有の内容ではなく、
他の大学と同じような内容です。

あと小論文があります。

それに合格すると2次試験になります。

2次試験は、
・個別面接
・身体検査
があります。

個別面接では特に自衛隊のことを知っておく必要はなく、
新聞などで一般常識を知っておけば良いレベルです。

あと身体検査が防衛大学校特有のものです。
身長150cm以上、体重は太っていてはいけません。
視力検査はありますが、メガネが掛けれれば問題ありません。
色覚・聴力・歯の検査もあります。
会社の健康診断のようなことをされて健康チェックされます。

難易度については、
MARCH並の55~60
です。

防衛大学校がリハーサルに最適な理由

防衛大学校がリハーサルに最適な理由は3つあります。
・入試時期が11月にある
・受験料が無料
・入学金が要らないので、入学直前まで辞退可能

私が防衛大学校を受験して入学辞退した体験談

ここからは私が防衛大学を受験してから合格して入学辞退した体験談です。

私が大学に行くための前提として、家にはお金がなかったので、
それを考慮して選定する必要がありました。

そのため条件として、
国立大学 か 家から通える私立大学 となりました。
自分としては、社会を知るにも家を出た方が良いと思ったので、
国立大学を第一希望としていました。

第一希望の国立大学を目指して勉強をしていたところ、
9月頃に学校の友達より防衛大学を一緒に受けないかとの話がありました。

仲良くしていた友達だったので、特に防衛大学が何かも知らずに、一緒に申し込むことにしました。
その時は受験料が無料なのも知りませんでした。

1次試験

1次試験ですが、国立大学を目指して、教科にへだだりなくまんべんなく勉強していたので、
なんとか合格できました。
(友達は私立を目指して勉強していたので、残念ながら不合格でした)
特に自分としても防衛大学特有の勉強はしていません。
過去問さえ解いていませんでした。

2次試験

2次試験ですが、
口頭面接がありました。
この時には既に私は1次希望の国立大学の推薦試験で一度経験していたこともあり、
(国立大学の推薦は不合格でした)
うまく受け答えできました。
身体検査は、そこまで太っていなかったので、特に問題ありませんでした。
試験要綱には入っていませんでしたが、どの部活に入っていたかは聞かれて、
筋肉も付き具合も見られました。
私自身は陸上部に入っていたので、それなりに筋肉が付いていたと思います。

あとは、受験会場で他の人が身辺調査もされているとの話を聞きました。

2次試験もうまく噛みあい合格となりました。

通常の大学の受験

その後、通常の大学受験をしました。
私立大学3校、本命の国立大学1校。

防衛大学の試験で本番リハーサルをしていましたので、
先行して受けた私立大学3校は全て合格しました。
(防衛大学より偏差値の高い大学も受かっています)

本命の国立大学1校はそれよりも低い偏差値にも関わらず
不合格となりました。

どの大学を行くか?

受験の結果は以下のようになりました。
・防衛大学 合格
・私立大学3校 合格
・本命の国立大学 不合格

という状況になり、自分のやりたいこと・経済状況の考えた結果
防衛大学にいくことにしました

結局 防衛大学に行ったのか?

結局 防衛大学に行っていません。
幹部自衛官にもなっていません。

その後、3月末に本命の国立大学より欠員が出たので補欠で合格するという話がきたので、
本命に行くことにしました。

防衛大学に入学するために横須賀までの新幹線の切符も
払い戻ししました。

まとめ

本記事では
・防衛大学校 入試時期 難易度
・防衛大学校 入試内容
・防衛大学校がリハーサルに最適な理由
・私が防衛大学校を受験して入学辞退した体験談
をお伝えしました。

防衛大学校の受験をリハーサルとして受けることで
自分が選べる選択肢は増えます。

大学選びに迷った場合は
こちらをどうぞ
大学選びをはじめからていねいに

コメント