QC検定は転職に有利です【資格を生かして次のステージへ】

QC検定
悩んでいる人
悩んでいる人

・品質管理の仕事をしていて、QC検定を取得しています。転職に有利かな?
・製造業に就職、転職したい場合はQC検定を持っていると有利にかな?
・転職にあたって、QC検定を取得していることは製造業以外ではあまり意味はないかな?

こういった疑問にお答えします。

しかしそのままこの疑問を放置すると、
現状に甘んじて慣れてしまい、次のステージに向かえません。
せっかく勉強して取得した資格を生かせないままになります。

結論から言うと、
QC検定を取得していると転職に有利です。

本記事では

  • QC検定を持っていると転職でどう有利か?
  • QC検定を重視する企業は?
  • QC検定を優遇する転職サイトは?

をお伝えします。

QC検定2級を取得しており
採用業務もしたことがある私が、
自分の例を混ぜて説明していきます。

QC検定を持っていると転職でどう有利なの?

QC検定を持っていると転職でどう有利なのか。

どの会社でも成長し続けることが求められています。

どうやって成長し続けることができるか?

ワンマン天才社長の野性的カンで
トップダウンでガンガン進んでいる会社もあるでしょう。

しかし、天才は一部しかいません。
天才以外の人がどうやって成長し続ける方法を取るのか?

それは科学的手法を用いて
一歩ずつ進めるしかないのです。

科学的手法で有名な方法がQC手法です。

QC手法は工場で検査する品質管理部門だけのものではない

QC(Quolity Control)品質管理
と聞いたら、工場の検査する部門 と考えるかもしれませんが、
もっと広い意味でのQuolityなのです。

コンビニのレジ打ちでもQuolityです。
素早く・確実に購入物の金額を出す
これも品質です。品質を向上させています。
向上させると待ち時間・作業時間が少なくなるので、
同じ作業で時間が少なくなるので、品質向上になります。

こういった形があるので、
工場の検査する部門 だけが必要な資格ではありません。

科学的手法を身に付ける
ことがQC検定の本当の意味です。

この科学的手法を身に付けていることを客観的にみれるのが、
QC検定取得ということになります。

科学的手法を身に付けている人を判断できるQC検定

会社としては、この科学的手法を身に付けている人を
簡単に判断できる基準としてQC検定取得を見ています。

転職活動は少ない時間で採用決定までしないといけません。
(本業に影響が出ますので)
採用の手助けとして客観的指標として資格を使われています。

その中で会社を繁栄させるために
科学的手法が必須であり、その手法を身に付けていることが客観的にわかるQC検定が
優遇されるのは必然です。

よって、QC検定は転職で有利です。

QC検定を重視する企業は?

QC検定を重視する企業について

QC検定は他の資格検定と違って、会社で団体申し込みが多数されている資格です。

QC検定のHPでも発表されています。
第28~30回の3回で合計1039社の
団体申し込みがされています。

団体申し込みをするということは
「会社ではこのQC検定を推奨しています」
という表明なので、
QC検定を重視しているという意味になります。

例でいうと
トヨタ自動車、日産自動車、小松製作所、パナソニック、LIXIL・・・
日本を代表する大企業がほとんど含まれています。

まだ製造業に若干偏りはありますが・・・

今後、製造業以外も増えていくでしょう。

QC検定を優遇してくれる転職サイト3選

QC検定を資格として優遇してくれる転職サイトです。

第1位:doda
※QC検定での優遇が一番多いサイトです。
第2位:リクルートキャリア
※業界最大手です。求人が豊富です。
第3位:メイテックネクスト
※技術系特化したサイト。厳選した案件を紹介してくれます。

検索条件でQC検定と打ちます。

大手になるほど、上位を求めてきますね。

ただし専門的な1級のみの指定はなく、
基本的には2級以上といった書き方をしているところが多いです。

まとめ

QC検定を取得していると転職に有利です。

この記事では以下のことをお話ししました。

  • QC検定を持っていると転職で有利です
  • QC検定を重視する会社は製造メーカーの大企業です
  • QC検定を優遇する会社を紹介してくれる転職サイト

QC検定を生かして次のステージに向けて進みましょう。

転職サイトに登録するだけなら、
まだ転職したわけではないので、デメリットはありません。
自分の価値がわかるのでメリットになります。

メリットを受ける為に、まずは転職サイトに登録しましょう。
第1位:doda
第2位:リクルートキャリア
第3位:メイテックネクスト

コメント