【独学】機械設計技術者試験 おすすめ参考書と勉強方法と勉強時間

機械設計技術者試験

機械設計技術者試験 参考書って
あまり紹介されていないよね。
できれば実績のある
参考書を教えてほしい。

TOEICなど参考書は本屋に沢山並んでいますが、
機械設計技術者試験の本はあまり並んでいませんよね。

大学で工学部に入って機械学科を学ぶ人や
学校を卒業して製造業に入る人は多いのに、
その分野の資格である機械設計技術者試験
あまり有名ではありません。

この記事は
実際に2級を試験申し込みして、勉強して、合格した体験を元に
そのロードマップを書きました。

これを書いている私は
独学で機械設計技術者試験2級を取得しました。
こういった私が解説していきます。

機械設計技術者試験の勉強方法

試験は11月にあります。

その試験を受けるための申し込みは
4か月前の7月から始まります。

双子パパ
双子パパ

ちょっと早いですね

毎年1回行われています。

試験は機械設計に関する全般から出てくるので、
余裕をもって勉強を始めましょう。

双子パパ
双子パパ

私はちょっと遅くて半年前からしてしまいました。
直前に焦りましたので、早めに準備した方が良いです。

機械設計技術者試験の効率的な勉強方法は
予定を立てて、PDCAを回していくのが大事です。

PDCAというのは

P:PLAN(計画)
D:DO(実施)
C:CHECK(確認)
D:ACTION(次に向けての対応)

検定についても、
PDCAの考え方で勉強しましょう。

簡単に言うと、

P:予定を立てて
D:勉強し
C:復習してわからない点を確認し
A:わからない点を理解する為に予定を立てましょう

ということです。

P(計画):まずはスケジュールを立てましょう。

全ての内容を理解するには時間がかかるので
合格するためには何をしなければいけないか
ということの目標が必要です。

目標とは
学習計画を立てることです。

その計画にそって
どんどん進めましょう。

以下で学習計画の立て方を書いています。参考下さい。

D(実施):過去問を解きましょう

機械設計技術者試験は過去問と問題が同じ傾向です。

自分がどこの分野が強いか弱いか
把握するだけでも
合格への道のりにかなり違いが出ます。

重要度の高いものから
学習していくのが王道です。

(QC7つ道具の中のパレート図でのやり方になります)

過去問は、正式サイトにのっているので
参考にしてください。

だいたい過去試験問題は5年程できれば十分です。

そこまで傾向が変わらないので、3年はしておきたいですね。

C(確認):参考書で足りない分野を勉強しましょう

過去問を解いていくことで
自分の苦手な分野がわかってくると思います。
その分野を補完するためには
参考書が必要です。

参考書は早いうちに購入しておきましょう。

過去問を解いている内に、
気付けばあと2週間・・・
ということもありますので。。。

参考書は、

問題集や演習問題の付いたものを選ぶようにしましょう。

おすすめは

「機械設計技術者試験準拠 機械設計技術者のための基礎知識」です。

機械設計技術者試験のおすすめ参考書

先ほどをお勧めした
「機械設計技術者試験準拠 機械設計技術者のための基礎知識」


「機械実用便覧」です。

日本機械学会

amazonユーザーであれば、amazon
楽天ユーザーであれば、楽天
で購入していただくと良いのですが、

どちらも使用している私はamazonをおすすめします。

なぜかというと
amazonの方が「ちゃんと」翌日か翌々日に届きます。
「ちゃんと」届くので、勉強の計画も立てやすいです。

まとめ

機械設計技術者試験で必要な参考書と勉強方法を
書きました。

すべて独学で行えるレベルかと思います。

勉強方法も書いていますので、
参考にいただき、合格しましょう。

機械設計技術者試験の申込方法と注意点まとめ

 

コメント

  1. […] 勉強方法についても書いています。 こちら→【独学】機械設計技術者試験 おすすめ参考書と勉強方法 […]

  2. […] […]

  3. […] 私自身の具体的に勉強した例を 載せています(こちら) […]